防犯の心

「防犯の心」 タイトル

ダミー防犯カメラは意外と役に立つ

ダミー防犯カメラというのがあります。要するに本物のカメラではなく、作り物であり、機械ではないのです。しかし、それでも防犯の抑止力にはなり、こうしたものは出来るだけ目立つところに置いておくとよいです。そもそも作り物なのですから、映像が記録されていないのですから、隠していてもまったく意味がないです。つまりは、防犯カメラで撮っています、ということをアピールするのが大事なのです。こうしたカメラはいくらでも売ってますから、もし、防犯意識が高いのであれば、設置してみるとよいです。もろちん、出来れば本物を設置したほうがよいですが、それが費用的に出来なかったりするからこそ、ダミーがあるのです。ちなみに商業施設やオフィスでも意外と偽物が設置されています。もちろん、本物もありますが、コスト的な問題でそんなに大量に設置できない場合に偽物でもよいから置いておくのです。本物もあるわけですから、見分けがつかないのです。

本物に見えるダミー防犯カメラの選び方

防犯カメラが設置されていると、泥棒に入る事を諦めさせる効果があります。しかし、本物の防犯カメラを設置するとなると、電気配線工事が必要だったりして費用がかかります。ダミーの防犯カメラを設置する利点は、低予算で泥棒を遠ざける効果を得られる事です。そのためには、泥棒に偽物だと気付かせない、本物に見えるカメラを選ばなくてはなりません。カメラを選ぶ時は、LEDランプが点灯する事と、作りが精巧なカメラがお薦めです。本物のカメラは、LEDランプが常時点灯しているため、ランプが点灯しないカメラは、ダミーと分かってしまいます。ランプが点灯しても、不自然な点灯の仕方では偽物と分かってしまうため、注意が必要です。配線が無いカメラも、偽物と気づかれてしまいます。配線付きのカメラを選ぶか、本物に見えるように配線を自分で取り付けましょう。本物のカメラの筐体を使用して作られたダミーカメラは、プロでも見分ける事が難しく、防犯効果の高いカメラと言われています。

最終更新日:2017/3/2

トップへ戻る▲